黒木亮

黒木亮

【くろき りょう】 北海道生まれ 1957-


カイロアメリカン大学大学院修士都市銀行証券会社ロンドン投資銀行部)、総合商社英国現法プロジェクト金融部長を経て作家に。2000年、国際協調融資を描いた『トップ・レフト』で、鮮烈なデビューを果たす。国際金融の舞台で活躍した経験を生かした新しい小説の書き手として注目を集めている。他の著書に『青い蜃気楼 小説エンロン』『アジアの隼』『シルクロードの滑走路』がある。

カラ売り屋 巨大投資銀行 (上) (ルビ:バルジブラケット) 巨大投資銀行 (下) (ルビ:バルジブラケット) トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て (角川文庫) シルクロードの滑走路 アジアの隼 (上) 祥伝社文庫 アジアの隼 (下) 祥伝社文庫 青い蜃気楼―小説エンロン (角川文庫) 虚栄の黒船 小説エンロン トップ・レフト―都銀vs.米国投資銀行 アジアの隼 トップ・レフト―ウォール街の鷲を撃て

* はてなダイアリーキーワード:黒木亮