香月泰男

香月泰男

【かづき やすお】 山口県大津郡三隅町(現・長門市)生まれ 1911/10/25-1974/03/08


東京美術学校(現東京芸大)に在学中から国画会に出品、同人となる。39年、新文展で特選。43年に召集され、満洲へ。捕虜としてシベリヤに抑留され、過酷な体験を経て47年にやっと復員がかなう。シベリヤでの体験が『埋葬』に代表されるシベリヤ・シリーズを生み出し、69年第一回日本芸術大賞を受賞。他に『告別』(東京国立近代美術館)、『奇術』(京都国立近代美術館)、『雪』(山口県立美術館)など。ふるさとの三隅町には香月美術館もある。

谷川俊太郎詩集 いまぼくに (詩と歩こう) シベリア鎮魂歌 香月泰男の世界 香月泰男 一瞬一生の画集 (アートセレクション) 香月泰男 シベリア画文集―全作品の自筆解説文と学芸員解説 香月泰男画集 -生命の賛歌(いのちのさんか) 香月泰男の絵手紙 香月泰男のおもちゃ箱 戦場へ行った絵具箱―香月泰男「シベリア・シリーズ」を読む 夢マンダラ 夫の右手―画家・香月泰男に寄り添って 〈私の〉地球―香月泰男画文集 わたしの香月泰男ノート

* はてなダイアリーキーワード:香月泰男