開高健

開高健

【かいこう たけし】 大阪市天王寺区生まれ 1930/12/30-1989/12/09


大阪市立大卒。1958年、「裸の王様」で芥川賞を受賞して以来、次々に話題作を発表。ベトナム戦争のさなか、しばしば戦場に赴いた経験は、『輝ける闇』(毎日出版文化賞受賞)、『夏の闇』などに凝縮され、高い評価を受けた。1979年、『玉、砕ける』で川端康成文学賞、1981年、一連のルポルタージュ文学により菊池寛賞1987年自伝的長編『耳の物語』で日本文学大賞を受けるなど受賞多数。1989年、逝去。

私のこだわり人物伝 2007年6-7月(NHK知るを楽しむ) ずばり東京 (光文社文庫 か 40-4 開高健ルポルタージュ選集) 日本人の遊び場 (光文社文庫 か 40-3 開高健ルポルタージュ選集) 懐かしい人たち (ちくま文庫 よ 17-5) 残しておきたい日本のこころ 「洋酒天国」とその時代 藤田省三対話集成 3 (3) 新しい天体 (光文社文庫) アジアの中の日本―司馬遼太郎対話選集〈9〉 美酒楽酔飲めば天国 プレイボーイの人生相談―1966‐2006 開高健 夢駆ける草原 けむりの居場所 小説の読み書き (岩波新書) 長靴を履いた開高健 (ラピタ・ブックス) 立松和平の旅する文学 オーパ!の遺産 記憶するシュレッダー―私の愛した昭和の文士たち 食の王様 (グルメ文庫) 最後の晩餐 (光文社文庫) 女性のための名作・人生案内 開高健が喰った!! キス・キス (異色作家短編集) 文人には食あり (グルメ文庫) 猛者の雁首―長濱治写真集 開口閉口 (新潮文庫) 地球はグラスのふちを回る (新潮文庫) 感動ワールドジャーニー 巷の美食家 (グルメ文庫) 原爆=写真論―「網膜の戦争」をめぐって 旅人 開高健 「面白半分」快人列伝 (平凡社新書) 酒中日記 (中公文庫) アマゾン河の食物誌 (集英社新書) 二重壁・なまけもの―開高健初期作品集 (講談社文芸文庫) 男、が、いた。開高健 友を偲ぶ 誇り高き日本人でいたい 帝国の亡霊―日本文学の精神地図 スポーツを「読む」―記憶に残るノンフィクション文章読本 “夕暮れ”の文学史 行蔵は我にあり―出頭の102人 (文春新書) 植村直己、挑戦を語る (文春新書) 危うい世界を生き抜く言葉 (プレイブックス・インテリジェンス) 現代語感 1960~2004 OUR DAY カフェで読む物語の名シーン 開高健の憂鬱 フランスの誘惑・日本の誘惑 ぼくはかつてここにいた—文学ノート 風に訊け―ザ・ラスト (集英社文庫) 集団読書テキスト やってみなはれみとくんなはれ (新潮文庫) 小説家のメニュー (中公文庫BIBLIO) 「面白半分」の作家たち―70年代元祖サブカル雑誌の日々 (集英社新書) 鬱力 開高健がいた。 (コロナ・ブックス) 司馬遼太郎対話選集〈5〉アジアの中の日本 戦争報道 (ちくま新書) 都市大阪 文学の風景 開高健のいる風景 開高健  新潮日本文学アルバム〈52〉 開高健の博物誌 (集英社新書) やわらかい話―吉行淳之介対談集 (講談社文芸文庫) 男は語る―アガワと12人の男たち (文春文庫) ルアーフィッシング日本の鮭鱒釣り―母なる河と魚を愛するアングラー22人の思考と戦略 (MASTER ANGLER) 物語の街から村へ 私の釣魚大全 オーパ フィッシュ・オン 日本の名随筆 4 輝ける闇 夏の闇 (新潮文庫) 対談 美酒について―人はなぜ酒を語るか 食卓は笑う (新潮文庫) パニック・裸の王様 知的な痴的な教養講座 (集英社文庫) ベトナム戦記 (朝日文庫) オーパ、オーパ!!〈アラスカ篇 カナダ・カリフォルニア篇〉 (集英社文庫) オーパ、オーパ!!〈アラスカ至上篇 コスタリカ篇〉 (集英社文庫) オーパ、オーパ!!〈モンゴル・中国篇・スリランカ篇〉 (集英社文庫) ピカソはほんまに天才か―文学・映画・絵画…… 開高健・旅と表現者 珠玉 水の上を歩く?―酒場でジョーク十番勝負 (集英社文庫) 知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよ 生物としての静物 (集英社文庫) 人間万事塞翁が馬―谷沢永一対談集 僕はこんな男たちに会ってきた 十六の話 (中公文庫) 声の残り―私の文壇交遊録 じゃーにー・ふぁいたー 日本三文オペラ (新潮文庫) 世界の十大小説 プラス・ワン 蒼穹と共生―立原正秋・山川方夫・開高健の文学 父の肖像―芸術・文学に生きた「父」たちの素顔 変奇館の主人―山口瞳評伝・書誌 井伏鱒二対談選 (講談社文芸文庫)

* はてなダイアリーキーワード:開高健