藤田康人

藤田康人

【ふじた やすと】 東京都生まれ 1964-


ダニスコジャパン株式会社マーケティング・ディレクター。慶應義塾大学文学部人間関係学科を卒業後、味の素株式会社に入社。甘味料事業部で低カロリー甘味料アスパルテームの開発・営業、ダイエットコークの製品開発などを担当。1992年、ザイロフィンファーイースト社(現ダニスコジャパン)を、フィンランド人の社長と2人で設立。むし歯予防効果のある甘味料キシリトール厚生省への許認可申請などのプレマーケティングを担当。 1997年キシリトールを日本に初めて導入し、素材メーカーの立場からキシリトール・ブームを仕掛けた。この結果、ガムを中心とするキシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。2005年、食物せんいの新しいコンセプト(ファイバー・デトックス)を仕掛け、第2次ファイバー・ブームを巻き起こし、日本PRアワード・グランプリを食品素材メーカーとしては史上初めて受賞。現在は、ダニスコジャパンのアジアパシフィック地域のマーケティング統括ディレクターとして中国韓国、タイなどアジア各国でも、様々な機能性食品のブームを仕掛けている。

99.9%成功するしかけ キシリトールブームを生み出したすごいビジネスモデル