狭土秀平

狭土秀平

【はさど しゅうへい】 飛騨高山生まれ 1962-


左官業、挾土組の長男として生まれる。高山市の高校を卒業後、家業を継ぎ、左官職人の道を歩き始め、 全国から左官職人の見習いが集まる熊本市左官業者の元で修業。1983年、技能オリッピック全国大会優勝。1984年、同世界大会出場。1994年、全国左官技能競技大会3位。2001年、挟土組を退社後、職人社秀平組を設立。現在に至る。

小林澄夫

プロフェッショナル 仕事の流儀〈3〉 プロフェッショナル 仕事の流儀 左官 挾土秀平の仕事 不安の中に成功がある