渡辺武達

渡辺武達

【わたなべ たけさと】 愛知県中島郡生まれ 1944-


同志社大学大学院新聞学専攻修士課程修了。京都産業大学教授をへて、1990年より同志社大学新聞学専攻教授同志社大学メディアコミュニケーション研究センター代表。2001年度米国ハーバード大学客員研究員。専攻はメディア論、国際コミュニケーション論。ほかに、日本セイシェル協会理事長、現代メディアジャーナリズム研究会代表、関西テレビ番組審議会委員、京都新聞報道審議委員など。CM制作コーディネーターとしても活躍。

インタビュー 外から見た創価学会 メディアの法理と社会的責任 グローバル化と英語革命―ジャパリッシュのすすめ マスコミの英語―業界用語の意味と使い方 市民社会と情報変革 メディア学の現在 テレビ―「やらせ」と「情報操作」 聖教新聞の読み方―創価学会・機関紙のエネルギー源を探る メディアと情報は誰のものか―民衆のコミュニケーション権からの発想 メディア用語を学ぶ人のために メディア・リテラシー―情報を正しく読み解くための知恵 メディア・トリックの社会学―テレビは「真実」を伝えているか

* はてなダイアリーキーワード:渡辺武達