武田双雲

武田双雲

【たけだ そううん】 熊本県生まれ 1975-


書道家東京理科大学理工学部卒業。3歳より書道家である母・武田双葉に師事し、書の道を歩む。大学卒業後、NTT入社。約3年間の勤務を経て書道家として独立。音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、斬新な個展など、独自の創作活動で注目を集める。2003年中国上海美術館より「龍華翠褒賞」を受賞。同年、イタリアフィレンツェにて「コスタンツァ・メディチ家芸術褒章」を授章。映画「春の雪」(原作=三島由起夫)、「北の零年」(監督=行定勲、出演=吉永小百合)、テレビ朝日けものみち」(原作=松本清張)、TBS50周年大河ドラマ里見八犬伝」(原作=滝沢馬琴)、愛知万博愛・地球博」のグローバルハウス各ブースほか、数多くの題字を手がける。また、フジロックフェスティバル、ロシアモスクワスイスジュネーブでのイベントなど、国内・海外問わず多くのパフォーマンス書道を行なっている。多くの門下生を抱える書道教室「ふたばの森」主宰。

和を継ぐものたち たのしか スケッチ アンド デザイン 書愉道―双雲流自由書入門 「書」を書く愉しみ

* はてなダイアリーキーワード:武田双雲