柿沼康二

柿沼康二

【かきぬま こうじ】 栃木県矢板市生まれ 1970/07/16-


1970年栃木県矢板市生まれ。父親の影響を受け、16才で故手島右卿(独立書人団創始者)の門を叩き本格的に書の道を志し、19歳で現師匠上松一条に師事する。27歳の秋、単身渡米しニューヨークにて個展を開催。また、書家活動の傍ら、カルチャーセンターや書道教室、ボランティアで“しょうがい”を持つ子供たちに書道を教える。その他、高校の非常勤講師として今春までの5年間、教壇に立ち生徒とふれあう。近年、テレビ番組への出演、番組やイベントのタイトルを揮毫するなど精力的に活動中。血液A型東京学芸大学教育学部書道科卒。芸術家(書家)。財団法人独立書人団会員、財団法人毎日書道会会員。