曽根富美子

曽根富美子

【そね ふみこ】 北海道留萌管内天塩町生まれ 1958-


1967年より登別に在住する。1975年室蘭商業高校三年生のとき、集英社りぼん新人漫画賞の佳作を受賞して、まんが家としてデビューする。1976年上京する。1982年『泣き虫の推理』秋田書店発行多数の少女まんがを発行する。1988年『春の戯曲』秋田書店発行幼年誌から女性誌(レディースコミック)へと移り変わる。代表作――『いのちの中の幸福』『女に翼なんてないのに』、1990年『表現』講談社発行より『含羞(はじらひ)』-我が友中原中也- 「ファザー」発行と、青年誌に移り変わる。1991年11月室蘭の史実にもとづいてた作『親なるもの 断崖』宙(おおぞら)出版発行主婦と生活社発売に至る。

親なるもの断崖 第1部 (1) (宙コミック文庫) 親なるもの断崖 第2部 (2) (宙コミック文庫) だれかこの子を叱って! 1 A.L.C.SELECTION 清流 不倫という名の恋をした (2) (YOU漫画文庫―セレクトYOU・不倫編) 愛をこうひと―漫画版 いつくしみの視野―全盲ママの愛と感動の育児記録 (たまひよコミックス)

* はてなダイアリーキーワード:曽根富美子