新田次郎

新田次郎

【にった じろう】 長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)角間新田生まれ 1912/06/06-1980/02/15


本名は藤原寛人。藤原咲平の甥。旧制諏訪中学、無線通信講習所を卒業後、中央気象台等勤務。富士山頂への測候所建設時の担当課長。現職中から、執筆活動を開始、山を舞台に数多くの名作を残した。白馬岳山頂へ巨石を運び上げる強力の悲劇を描いた『強力伝』では、直木賞を受賞。吉川英治文学賞受賞。作品のいくつかは映画化されている。


藤原てい藤原正彦藤原咲子

風林火山の帝王学 武田信玄 (プレジデント・クラシックス) (プレジデント・クラシックス) 怒る富士 上 新装版 (1) (文春文庫 に 1-36) 怒る富士 下 新装版 (3) (文春文庫 に 1-37) 武田三代 (文春文庫) 劒岳―点の記 母への詫び状 - 新田次郎、藤原ていの娘に生まれて 武田信玄 風の巻 (文春文庫) 武田信玄 林の巻 (文春文庫) 武田信玄 火の巻 (文春文庫) 武田信玄 山の巻 (文春文庫) 富士に死す 新田次郎の跫音 父への恋文―新田次郎の娘に生まれて 槍ヶ岳開山 風の中の瞳 二人の武将―歴史エッセイ (新田次郎エッセイ) 旅のエッセイ―チロルからウィーンへ (新田次郎エッセイ) 郷愁の八ケ岳―山のエッセイ (新田次郎エッセイ) 強力伝―二十世紀最後の職人の魂 珊瑚 山が見ていた (文春文庫 (112‐28)) アラスカ物語 (新潮文庫) 銀嶺の人 (上巻) (新潮文庫) 銀嶺の人 下    新潮文庫 に 2-18 アルプスの谷 アルプスの村 (新潮文庫) アイガー北壁・気象遭難 (新潮文庫) 八甲田山死の彷徨 先導者・赤い雪崩 (新潮文庫) 槍ケ岳開山 芙蓉の人 (文春文庫) 蒼氷・神々の岩壁 富士山頂 (文春文庫) 孤高の人 (上巻) (新潮文庫) 孤高の人(下) 八甲田山死の彷徨 (1971年) 強力伝・孤島 縦走路

* はてなダイアリーキーワード:新田次郎