新井英一

新井英一

【あらい えいいち】 福岡生まれ 1950/03-


15歳で家を出て岩国の米軍キャンプで働き、21歳で渡米し、放浪生活の中でで歌手を志す。帰国後、内田裕也に見出され、アルバム『馬耳東風』でデビュー。1986年に亡くなった父親の故郷である韓国・清河(チョンハー)へ初めて訪れる。数年後、その旅の思い出と共に自らのルーツと半生をストレートに歌い上げた『清河への道~48番』を作り1995年に一枚のアルバムとして発表。TBS「筑紫哲也ニュース23」のエンディングテーマ曲に選ばれる。そのアルバムは第37回レコード大賞「アルパム大賞」を受賞。日本で生まれ育ち、朝鮮半島の血引く自らを「コリアンジャパニーズ」と呼ぶ。NHK「わが心の旅」、テレビ朝日「報道特別番組21世紀への伝言」などに出演。また、石井好子に招かれ、シャンソンの祭典であるパリ祭に毎年出演。2002年、父親のふるさと韓国でのライブツアーを成功させた。

新井英一 ライブ・イン清河2002 新井英一全集 9 ライブ・イン・パリ 新井英一全集 8 ライブ・イン・ジャパン 新井英一全集 7 エイジアン・パラム 清河への道~48番(ハングルバ オオカミ狩り 全集1(5)オールドファッション・ラヴソング 新井英一全集 4 アルカンタラの月 全集1(3)NEW YORKへの旅 ブルースを唄おう 全集1(2)眠る人 新井英一全集 1 果てなき航路 清河(チョンハー)への道




清河への道