戸田城聖

戸田城聖

【とだ じょうせい】 1900/02/11-1958/04/02


1900年明治33年)2月11日、石川県生まれ。北海道での教員生活を経て上京し、牧口常三郎に師事した。1928年昭和3年)、日蓮大聖人の仏法に帰依。1930年(同5年)、牧口とともに「創価教育学会」を創立し、理事長として教育改革、宗教改革に尽力。1943年(同18年)、宗教・思想の統制を図る軍部権力に検挙・逮捕され、2年余の獄中生活を強いられた。出獄後、「創価学会」と改称し、再建を開始。1951年(同26年)、第二代会長に就任して組織を整え、7年足らずで75万世帯に拡大した。この間、創価学会平和運動の基礎となる「地球民族主義」の構想や「原水爆禁止宣言」を発表。 1958年(同33年)4月2日、逝去した。主著に『推理式指導算術』、小説『人間革命』など。

池田大作牧口常三郎

時習学館と戸田城聖―私の幼少年時代 戸田城聖 1940年の決断―軍国教育との不屈の闘い 戸田城聖―偉大なる師弟の道 戸田城聖とその時代 戸田城聖伝

* はてなダイアリーキーワード:戸田城聖