志水辰夫

志水辰夫

【しみず たつお】 高知県生まれ 1936/12/17-

1981年、『飢えて狼』でデビュー。巧みなプロットと濃密な文体で熱烈なファンを獲得する。1985年『背いて故郷』で日本推理作家協会賞を受賞。1991年『行きずりの街』で日本冒険小説協会大賞を受賞する。さらに、2001年『きのうの空』で柴田錬三郎賞を受賞。

約束の地 (双葉文庫 し 20-2) 尋ねて雪か (徳間文庫 (し8-6)) 夜の分水嶺 新装版 きみ去りしのち 新装版 (光文社文庫 し 22-2) ラストドリーム (新潮文庫 し 35-10) 青に候 男坂 (文春文庫) 生きいそぎ (集英社文庫(日本)) うしろ姿 負け犬 (講談社文庫) 背いて故郷 (新潮文庫) 約束の地 ラストドリーム 裂けて海峡 (新潮文庫) 飢えて狼 (新潮文庫) 男坂 きのうの空 (新潮文庫) 生きいそぎ あした蜉蝣の旅〈上〉 (集英社文庫) あした蜉蝣の旅〈下〉 (集英社文庫) 暗夜 (新潮文庫) 負け犬 道草ばかりしてきた きのうの空 情事 (新潮文庫) 暗夜 きみ去りしのち あした蜉蝣の旅 いつか浦島 (集英社文庫) 冬の巡礼 (角川文庫) 十五少年漂流記 痛快世界の冒険文学 (1) 情事 いまひとたびの (新潮文庫) 滅びし者へ (集英社文庫) あした蜉蝣の旅 きみ去りしのち 虹物語 冬の巡礼 いまひとたびの 花ならアザミ (講談社文庫) 夜の分水嶺 行きずりの街 (新潮文庫) カサブランカ物語 (集英社文庫) 帰りなん、いざ (講談社文庫) 深夜ふたたび (徳間文庫) 深夜ふたたび 滅びし者へ 狼でもなく 夜の分水嶺 花ならアザミ 行きずりの街 こっちは渤海 (集英社文庫) あっちが上海 帰りなん、いざ カサブランカ物語 深夜ふたたび 背いて故郷 (講談社文庫) こっちは渤海 あっちが上海 オンリィ・イエスタデイ ひつじが一匹 散る花もあり 狼でもなく 裂けて海峡 (講談社文庫) 背いて故郷 あっちが上海 飢えて狼 (講談社文庫) 裂けて海峡 飢えて狼

* はてなダイアリーキーワード:志水辰夫