岸田秀

岸田秀

【きしだ しゅう】 香川県善通寺市生まれ 1933/12/25-

すべては幻想であるとの唯幻論に基づいて、人間の歴史をはじめとする、文化的、社会的現象、親子関係や性関係の問題などを解明しようとしている。最近は、ヨーロッパ製の世界史における隠匿と捏造の問題に取り組んでいる。『ものぐさ精神分析』上下、『幻想の未来』、『フロイドを読む』、『嫉妬の時代』、『性的唯幻論序説』、『日本がアメリカを赦す日』、『官僚病の起源』、『一神教VS多神教』、『唯幻論物語』など、著書多数。ほのほか、対談集多数、および、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語の訳書多数。

歴史を精神分析する 伊丹十三の映画 嘘だらけのヨーロッパ製世界史 古希の雑考―唯幻論で読み解く政治・社会・性 岸田秀 最終講義DVD本 親の毒 親の呪縛 幻想に生きる親子たち (文春文庫) 生きる幻想 死ぬ幻想 唯幻論物語 (文春新書) 靖国問題の精神分析 日本人はどこへゆく―岸田秀対談集 飲み屋で飛び交う『唯幻論』 思想への望郷―寺山修司対談選 (講談社文芸文庫) 日本がアメリカを赦す日 (文春文庫) 古希の雑考 見える日本、見えない日本―養老孟司対談集 大統領への道 日本人はなぜかくも卑屈になったのか ものぐさ社会論―岸田秀対談集 (岸田秀対談集) 一神教vs多神教 ものぐさ性愛論―岸田秀対談集 (岸田秀対談集) 対話 起源論 「日本人の不安」を精神分析する―唯幻論で読み解く現代 母親幻想 現代社会と「超越」―竹田青嗣コレクション〈4〉 (竹田青嗣コレクション (4)) 仏教と精神分析 官僚病の起源 ものぐさ日本論―岸田秀対談集 (岸田秀対談集) 知の錬金術 心はなぜ苦しむのか 続 ものぐさ精神分析 (中公文庫) ものぐさ精神分析 (中公文庫)

* はてなダイアリーキーワード:岸田秀