岡本太郎

岡本太郎

【おかもと たろう】 神奈川県橘樹郡高津村二子(現在の川崎市高津区二子)生まれ 1911/02/26-1996/01/07


岡本一平、かの子の長男。東京美術学校に入学するもすぐ中退、30~40年までパリに住む。数々の芸術運動に参加する一方、パリ大学で哲学社会学民族学を専攻、ジョルジュ・バタイユらと親交を深める。戦後、創作活動を再開、現代美術の旗手として次々と話題作を発表した。1996年、逝去。

クロス・カルチャー芸術工房sai [0002号] コンペに勝つ! 知識無用の芸術鑑賞 (幻冬舎新書 (か-4-1)) 岡本太郎の見た日本 ミクロコスモス I NHK日曜美術館1976-2006―美を語る30篇 近代日本人のフランス―かの国にたどる芸術家十人の生の軌跡 世界に誇れる日本の芸術家555 (PHP新書 443) グッとくる「はげまし」言葉 民族と国家を超えるもの―司馬遼太郎対話選集〈10〉 古美術読本(四)建築 プレイボーイの人生相談―1966‐2006 古美術読本(三) 庭園 (知恵の森文庫) 明日の神話 岡本太郎の魂〈メッセージ〉 岡本太郎「明日の神話」修復960日間の記録 岡本太郎―岡本敏子が語るはじめての太郎伝記 Be TARO!―岡本太郎に出会う本 愛する言葉 旅の途中―巡り合った人々1959-2005 恋愛について、話しました。 日本の伝統 (知恵の森文庫) 壁を破る言葉 岡本太郎の遊ぶ心 (The New Fifties) 川崎市岡本太郎美術館所蔵作品集 TARO 対談集 岡本太郎発言! 日本人の原型を探る―司馬遼太郎歴史歓談〈1〉 (中公文庫) 眼 美しく怒れ 岡本太郎が愛した韓国 父の肖像〈2〉芸術・文学に生きた「父」たちの素顔 眼から眼へ 縄文の遺伝子―受け継がれる縄文魂 美の呪力 (新潮文庫) 太郎さんとカラス 迷宮の人生 岡本太郎 神秘 (Art & Wordsシリーズ) 修復家だけが知る名画の真実 (プレイブックス・インテリジェンス) 黒い太陽と赤いカニ―岡本太郎の日本 奇跡 須賀敦子のアッシジと丘の町 昭和を彩る人びと―私の宝石箱(アルバム)の中から一〇〇人 連続講座 岡本太郎と語る ’01/’02 強く生きる言葉 日本全国おすすめユニーク美術館・文学館 司馬遼太郎対話選集〈5〉アジアの中の日本 いま、生きる力 芸術と青春 (知恵の森文庫) 個人美術館への旅 (文春新書) 新版 沖縄文化論―忘れられた日本 須賀敦子のトリエステと記憶の町 岡本太郎の東北 岡本太郎の本〈1〉呪術誕生 岡本太郎の本〈2〉 岡本太郎の本〈3〉神秘日本 岡本太郎の本〈4〉わが世界美術史―美の呪力 岡本太郎の本〈5〉宇宙を翔ぶ眼 描かれたエルダー 岡本太郎に乾杯 自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか 恋愛芸術家 太郎に訊け!―岡本太郎流爆発人生相談 太郎に訊け!〈2〉―岡本太郎流熱血人生相談 太郎に訊け!〈3〉岡本太郎流激突人生相談 芸術アヴァンギャルドの背中 体感美術館―川崎市岡本太郎美術館の展示空間 疾走する自画像 地上の歌声 みんなイタリア語で話していた 岡本太郎が撮った「日本」 リリカルな自画像 岡本太郎―芸術は爆発か 司馬遼太郎 歴史歓談 青春ピカソ (新潮文庫) 日本人は爆発しなければならない―日本列島文化論 赤い兎―岡本太郎頌 古代史から日本を読む―古代から現代、そして未来へ 上田正昭対談集 「新」太郎神話―岡本太郎という宇宙での遊泳 岡本太郎宣言 あいしてる―岡本太郎の絵本 岡本太郎が、いる 岡本太郎の世界 芸術は爆発だ!―岡本太郎痛快語録 (小学館文庫) 太陽の人・岡本太郎 JTBキャンブックス 太郎神話―岡本太郎という宇宙をめぐって アラーキーのTARO愛―岡本太郎への旅 ユリイカ第31巻第11号 詩と批評  今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社文庫) 岡本太郎―挑む/夢と誓い〈抄〉 運命のままに―わが愛しのマストロヤンニ 歓喜 (Art & words) 沖縄文化論―忘れられた日本 岡本太郎と横尾忠則―モダンと反モダンの逆説 一平 かの子―心に生きる凄い父母 自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫) 母の手紙―母かの子・父一平への追想

* はてなダイアリーキーワード:岡本太郎