山田規畝子

山田規畝子

【やまだ きくこ】 香川県高松市生まれ 1964/01/05-

 高松高等学校を卒業後、東京女子医科大学に入学。6年生の時、最初の脳出血を起こし、持病のモヤモヤ病が発覚するが、後遺症もなく1988年、無事に卒業し、整形外科として同大付属病院に勤務。26歳で郷里高松に戻り香川医科大学(現・香川大学医学部)に勤務。実家の山田整形外科病院の院長となって間もない33歳のとき、脳出血により脳梗塞を併発、高次脳機能障害を発症する。リハビリ医を目指し、愛媛県伊予病院に勤務するが、37歳で三度目の脳出血。半側空間無視など新たな後遺症が加わるが、姉が運営する老人保健施設の施設長として社会復帰を果たす。2004年2月、発病当初からの自分の症状や独自で考え出したリハビリ法などを書き綴った著書「壊れた脳 生存する知」が講談社より発行されると同時に、医学界内外より大きな反響を呼び、複数の出版社主催の賞にノミネートされるなど、高い評価を得る。2005年より医師を休業し高松へ帰郷。現在はテレビ・雑誌の取材を受けながら、多方面よりの依頼により、講演や執筆活動をこなす。

壊れた脳生存する知 (KCデラックス) それでも脳は学習する 壊れた脳 生存する知

* はてなダイアリーキーワード:山田規畝子