山本譲司

山本譲司

【やまもと じょうじ】 北海道札幌市生まれ 1962/09/20-


早稲田大学教育学部卒。菅直人代議士の公設秘書を務め、26歳で都議会議員に当選し、2期を経て、国政の場へ。衆議院議員2期目を迎えた2000年秋、秘書給与詐取事件を起こし、東京地検特捜部に逮捕される。2001年、懲役1年6ヶ月の実刑判決を受け服役。2003年12月、事件への悔悟と433日の獄中体験を綴った手記『獄窓記』を出版。同書は第3回新潮ドキュメント賞受賞、TBSにてドラマ化されるなど話題に。現在は都内の知的障害者入所更生施設に支援スタッフとして通う傍ら、障害福祉についての執筆、講演などを行なう。他の著書に『塀の中から見た人生』(カナリア書房、安部譲二氏と共著)。

獄窓記 続 (2) 獄窓記 (新潮文庫 や 60-1) 少年犯罪厳罰化私はこう考える (新書y 174) 累犯障害者 塀の中から見た人生 獄窓記

* はてなダイアリーキーワード:山本譲司