小林ハル

小林ハル

【こばやし はる】 新潟県蒲原郡旭村(現在の三条市三貫地新田)生まれ 1900/01/24-2005/04/25


生後3ヶ月で白内障のため失明。1905年瞽女(ごぜ)の師匠・樋口フジに弟子入り。1907年瞽女唄と三味線の稽古、寒中の信濃川土手での発声練習を始める。1921年師匠サワが死去。残された弟子をかかえて独立する。1973年新発田市養護老人ホームに入所して、瞽女を廃業。やがて同市の教育委員会の依頼でハルのもつ瞽女唄の全曲の記録録音作業が始まる。1977年社会福祉法人・愛光会「胎内やすらぎの家」に入所。瞽女仲間に再会する。1979年黄綬褒章受章。1986年NHKラジオ「私とハルばあさん」放送(文化庁芸術祭芸術作品賞、放送文化基金賞受賞)。1996年初めてのCD『最後の瞽女 小林ハル 96歳の絶唱』制作。1999年5月「瞽女文化を顕彰する会」発足。2001年三条市名誉市民に選ばれる。2002年第36回吉川英治文化賞受賞。2005年4月25日午前2時15分永眠。

瞽女と瞽女唄の研究(全2冊) 「歌」の精神史 オショウシナ「むら」 近世のアウトローと周縁社会 最後の瞽女 小林ハル 光を求めた一〇五歳 石を拭く日々―渚よ叫べ 鋼の女―最後の瞽女・小林ハル 越後つついし親不知・はなれ瞽女おりん 生の深い淵から―ペンシルワーク 小林ハル―盲目の旅人 最後の瞽女―小林ハルの人生 随筆集 消えゆく瞽女

* はてなダイアリーキーワード:小林ハル