宮本輝

宮本輝

みやもと てる】 兵庫県神戸市生まれ 1947/03/06-


追手門学院大学文学部卒。77年『泥の河』で太宰治賞、78年『螢川』で芥川賞を受賞する。87年には『優駿』で吉川英治文学賞受賞。95年の阪神淡路大震災で自宅が倒壊。2003年刊行の前作『約束の冬』で平成15年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

新装版 避暑地の猫 (講談社文庫) 花の回廊―流転の海第五部 父の目方 青が散る 上 新装版 (1) (文春文庫 み 3-22) 青が散る 下 新装版 (3) (文春文庫 み 3-23) はじめての文学宮本輝 父のことば (光文社文庫) 約束の冬〈上〉 (文春文庫) 約束の冬〈下〉 (文春文庫) にぎやかな天地 上 にぎやかな天地 下 命の器 (講談社文庫) 二十歳の火影 (講談社文庫) 星宿海への道 (幻冬舎文庫) 海辺の扉 上 海辺の扉 下 泥の河(新潮CD) 『宮本輝の本~記憶の森~』 天の夜曲―流転の海〈第4部〉 (新潮文庫) 魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選 (文春文庫) 森のなかの海(上) (光文社文庫) 森のなかの海(下) (光文社文庫) 女であること―宮本輝論 父の目方 血の騒ぎを聴け (新潮文庫) 宿命と永遠―宮本輝の物語 睡蓮の長いまどろみ(上) (文春文庫) 睡蓮の長いまどろみ(下) (文春文庫) 約束の冬(上) 約束の冬(下) 父のことば 月光の東 (新潮文庫) 異国の窓から 星宿海への道 葡萄と郷愁 (光文社文庫) オレンジの壼〈上〉 オレンジの壺 下  光文社文庫 み 21-3 北日本文学賞入賞作品集II 天の夜曲  流転の海〈第4部〉 ひとたびはポプラに臥す〈6〉 (講談社文庫) ひとたびはポプラに臥す〈5〉 (講談社文庫) ひとたびはポプラに臥す〈4〉 (講談社文庫) ひとたびはポプラに臥す〈3〉 (講談社文庫) ひとたびはポプラに臥す〈2〉 (講談社文庫) ひとたびはポプラに臥す〈1〉 (講談社文庫) 血の騒ぎを聴け わかれの船 (光文社文庫) 森のなかの海〈上〉 森のなかの海〈下〉 草原の椅子〈上〉 (幻冬舎文庫) 草原の椅子〈下〉 (幻冬舎文庫) 焚火の終わり〈上〉 (集英社文庫) 焚火の終わり〈下〉 (集英社文庫) 睡蓮の長いまどろみ〈上〉 睡蓮の長いまどろみ〈下〉 月光の東 ひとたびはポプラに臥す〈6〉 血脈の火―流転の海〈第3部〉 (新潮文庫) 胸の香り ひとたびはポプラに臥す〈5〉 草原の椅子〈上〉 草原の椅子〈下〉 ひとたびはポプラに臥す〈4〉 私たちが好きだったこと (新潮文庫) 宮本輝論 わかれの船 ひとたびはポプラに臥す〈3〉 彗星物語 (文春文庫) 生きものたちの部屋 (新潮文庫) 人間の幸福 (幻冬舎文庫) ひとたびはポプラに臥す〈2〉 月光の東 ひとたびはポプラに臥す〈1〉 焚火の終わり (上) 焚火の終わり〈下〉 朝の歓び〈上〉 (講談社文庫) 朝の歓び〈下〉 (講談社文庫) オレンジの壺〈上〉 (講談社文庫) オレンジの壺〈下〉 (講談社文庫) おいてけぼり―宮本輝論 血脈の火―流転の海〈第3部〉 胸の香り 地の星 (新潮文庫―流転の海) 異国の窓から (文春文庫) 私たちが好きだったこと 生きものたちの部屋 本をつんだ小舟 花の降る午後 (講談社文庫) 人間の幸福 彗星物語(上) 彗星物語〈下〉 (角川文庫) 葡萄と郷愁 道頓堀川 蛍川・泥の河 海辺の扉(上) 海辺の扉(下) ここに地終わり海始まる〈上〉 (講談社文庫) ここに地終わり海始まる〈下〉 (講談社文庫) 朝の歓び〈上〉 朝の歓び〈下〉 オレンジの壷(上) オレンジの壷(下) 二十歳の火影・命の器・異国の窓から 五千回の生死 真夏の犬 幻の光・星々の悲しみ・五千回の生死・真夏の犬 流転の海・地の星 海辺の扉 宮本輝全集(第10巻) 本をつんだ小舟 海辺の扉(上) 海辺の扉(下) 愉楽の園 流転の海(第1部) 地の星(流転の海) 花の降る午後(宮本輝全集) 海岸列車(上) 海岸列車(下) 優駿(宮本輝全集) 夢見通りの人々・葡萄と郷愁 ドナウの旅人 春の夢 宮本輝書誌 青が散る 錦繍・避暑地の猫 彗星物語(上) 彗星物語(下) 泥の河・蛍川・道頓堀川 愉楽の園 ここに地終わり海始まる〈上〉 ここに地終わり海始まる〈下〉 異国の窓から 蛍川 海辺の扉(上) 海辺の扉(下) 花の降る午後 葡萄と郷愁 メイン・テーマ 五千回の生死 流転の海 (新潮文庫) 真夏の犬 優駿(上) 優駿(下) 海岸列車(上) 海岸列車(下) 夢見通りの人々 愉楽の園 道行く人たちと ドナウの旅人(上) ドナウの旅人〈下〉 (新潮文庫) 花の降る午後 避暑地の猫 春の夢 異国の窓から 五千回の生死 優駿(上) 優駿(下) 命の器 (講談社文庫) メイン・テーマ―宮本輝対談集 葡萄と郷愁 夢見通りの人々 川三部作 泥の河・螢川・道頓堀川 青が散る ドナウの旅人(上) ドナウの旅人(下) 錦繍 (新潮文庫) 避暑地の猫 春の夢 道行く人たちと―対談集 星々の悲しみ 二十歳の火影 道頓堀川 幻の光 命の器 青が散る 錦繍 古寺巡礼 西国 3 蛍川 螢川

* はてなダイアリーキーワード:宮本輝