古市忠夫

古市忠夫

【ふるいち ただお】 兵庫県生まれ 1940-


立命館大学卒業阪神大震災前までは、神戸市長田区鷹取商店街、自宅兼店舗「東洋カメラ」店主。71年より地元消防団、長田消防団第7分団(2003年12月退団)に所属しながらボランティアで地域に貢献する。またこの年よりゴルフを始め、79年大神戸ゴルフ倶楽部に入会。81年大神戸ゴルフ倶楽部のクラブ選手権で初めてチャンピオンに。94年関西アマ10位入賞。95年阪神淡路大震災で家屋が全焼、家財一切を失う。同年鷹取東復興街づくり議会副会長に就任。以後、地区の復興に奔走し、一人暮らしのお年寄りが集う「ふれあい喫茶」、愛する街を守る消防訓練などのボランティアを続けながらプロテストに挑戦。97年シニア認定プロの資格取得、2000年プロテストに合格。01年2月、復興震災モデル地区として神戸市内で区画整理事業が完成。主な成績として、01年度日本シニアオープン9位、日本プロシニアオープン12位。02年度関西グランドシニア選手権初優勝。03年度兵庫県シニアオープン優勝、ファンケルシニア9位、賞金ランキング21位。04、05年度と2年連続シード権獲得。05年日本プロゴルフグランドシニア優勝。

「ありがとう」のゴルフ―感謝の気持ちで強くなる、壁を破る 飛ばしを諦めたらアカン!! ありがとう ゴルフは心の格闘技 60歳からのティーショット 還暦ルーキー―60歳でプロゴルファー

ありがとう