佐藤優

佐藤優

【さとう まさる】 1960-


同志社大学大学院神学研究科修了の後、外務省入省。在英日本国大使館、ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、95年より外務省本省国際情報局分析第一課において勤務。1998年より主任分析官として活躍。2002年5月、背任容疑で逮捕、(7月に偽計業務妨害容疑で再逮捕)その後512日間東京拘置所に勾留される。05年2月執行猶予付き有罪判決(懲役2年6か月)を受け、現在控訴中。著書に『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(2005年、新潮社、第59回毎日出版文化賞特別賞受賞)、『自壊する帝国』(新潮社、2006年、第5回新潮ドキュメント賞受賞)などがある。

『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』

『国家の自縛』

『国家の崩壊』

情報力―情報戦を勝ち抜く“知の技法” 近代日本の万能人 榎本武揚 ロシア闇と魂の国家 (文春新書 623) (文春新書 623) 大和ごころ入門 正義の正体 野蛮人のテーブルマナー 北方領土特命交渉 (講談社+アルファ文庫 G 158-2) 国家論―日本社会をどう強化するか (NHKブックス 1100) インテリジェンス人間論 私のマルクス 国家の謀略 国家と人生―寛容と多元主義が世界を変える 佐藤優国家を斬る 中国の黒いワナ (別冊宝島Real 73) 国家情報戦略 (講談社+α新書) リトビネンコ暗殺 反省 私たちはなぜ失敗したのか? 地球を斬る 国家と神とマルクス―「自由主義的保守主義者」かく語りき 平和 核開発の時代に問う 獄中記 アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 ナショナリズムという迷宮―ラスプーチンかく語りき インテリジェンス 武器なき戦争 北方領土「特命交渉」 日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く 自壊する帝国 野中広務 差別と権力 国家の崩壊 100%ムネオマガジン―鈴木宗男、とことん丸裸 国家の自縛 国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

* はてなダイアリーキーワード:佐藤優