ブライアン・ウィルソン

ブライアン・ウィルソン

[Bryan R. Wilson]  1926-2004/10/09


1955年当該学術年度の最優秀学位論文(PH.D)と認められ、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスよりハチンソン・メダルを授与される。1963 年よりオール・ソウルズ・カレッジの研究員(Fellow)。71~75年国際宗教社会学会会長。93年オックスフォード大学オール・ソウルズ・カレッジ名誉教授となる。実証的な宗教社会学研究の第一人者として、長らく指導的な役割を果たし、多くの研究者を育てた。現在も国際宗教社会学会の終身名誉会長として活躍している。

キリスト教(シリーズ21世紀をひらく世界の宗教) 宗教の社会学―東洋と西洋を比較して (叢書・ウニベルシタス) タイム トゥ チャント―イギリス創価学会の社会学的考察 社会と宗教(上) 社会と宗教(中) 社会と宗教(下) カリスマの社会学―気高き未開人

* はてなダイアリーキーワード:ブライアン・ウィルソン