トーマス・フリードマン

トーマス・フリードマン

[Thomas L. Friedman] アメリカミネソタ州ミネアポリス生まれ 1953/07/20-


ニューヨーク・タイムズコラムニスト。ブランダイス大学を主席で卒業した後、オックスフォード大学で現代中東研究により修士号を取得。UPI通信に入社し、1年間ロンドン支局で勤務した後、ベイルート派遣される。1979年から81年まで特派員生活を送った後、ニューヨーク・タイムズ社に移り、1982年ベイルート支局長を命じられた。赴任直後にイスラエルによるレバノン侵攻が起こる。この戦争の報道によって1983年ピュリッツァー賞を受賞。1984年から88年までエルサレム派遣されたフリードマンは、イスラエルに関する幅広く公平な報道によって、88年に再び同賞を得る。これらの体験をもとに書き上げた『ベイルートからエルサレムへ』は翌89年の全米図書賞を受賞した。クリントン時代にホワイトハウス担当首席記者をつとめた後、1995年からは外交問題コラムニストとなる。2002年、テロが全世界におよぼす脅威についての執筆活動が認められ、3度目のピュリッツァー賞を受賞。

フラット化する世界(上) フラット化する世界(下) グラウンドゼロ アメリカが初めて体験したこと―「NYタイムズ」コラム集成 レクサスとオリーブの木―グローバリゼーションの正体〈上〉 レクサスとオリーブの木―グローバリゼーションの正体〈下〉 

* はてなダイアリーキーワード:トーマス・フリードマン