トリイ・ヘイデン

トリイ・ヘイデン

[Torey Hayden] アメリカ、モンタナ州リビングストン生まれ 1951/05/21-


情緒障害児教室や福祉施設などでの体験をもとに『シーラという子』をはじめ数々のノンフィクションを著し、世界中に大きな感動を巻き起こしている。同書は世界29ヶ国語に翻訳され、各国でベストセラーを記録した。その他にも、心の闇を見つめる確かな目と豊かな想像力で描いた小説、精神科医の斎藤学氏との対談を収録した『子どもたちは、いま』などがある。現在はイギリスで執筆活動のかたわら農業を営み、児童心理学の研究も続けているほか、児童虐待や自殺の防止ホットラインの活動にも力を尽くしている。

愛されない子 (上) -絶望したある生徒の物語- (ハヤカワ文庫 HB) 愛されない子 (下) -絶望したある生徒の物語- (ハヤカワ文庫 HB) 霧のなかの子 幽霊のような子 (トリイ・ヘイデン文庫) 檻のなかの子―憎悪にとらわれた少年の物語 (トリイ・ヘイデン文庫) よその子―見放された子どもたちの物語 (トリイ・ヘイデン文庫) <トリイ・へイデン文庫>タイガーと呼ばれた子--愛に飢えたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB) <トリイ・へイデン文庫>シーラという子--虐待されたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB) 最悪なことリスト ヴィーナスという子―存在を忘れられた少女の物語 機械じかけの猫〈上〉 機械じかけの猫〈下〉 ひまわりの森 子どもたちは、いま シーラたち―トリイ・ヘイデン読書感想文集 愛されない子―絶望したある生徒の物語 幽霊のような子―恐怖をかかえた少女の物語 檻のなかの子―憎悪にとらわれた少年の物語 よその子―見放された子どもたちの物語 タイガーと呼ばれた子―愛に飢えたある少女の物語 シーラという子―虐待されたある少女の物語

* はてなダイアリーキーワード:トリイ・ヘイデン