ジョー・ヒル

ジョー・ヒル

[Joe Hill] 1879/10/07-1915/11/19


スウェーデン移民の米国人、IWWという労働組合のオルガナイザーでソング・ライター。多くの替え歌をつくり、いわゆる歌う労組オルグ第1号として労働運動史に知られる。

1915年10月19日、無実の殺人容疑により、ユタ州で処刑された。このとき、彼はある女性をかばったために自分のアリバイを主張しなかったのである。「死んだら灰にしてくれよ。その灰から多くの花が咲くだろう」というのが遺言であった。(八木啓代著『禁じられた歌 ビクトル・ハラはなぜ死んだか』より)〈命日が10月と表記されている〉

Don't Mourn - Organize!:  Songs Of Labor Songwriter Joe Hill

* はてなダイアリーキーワード:ジョー・ヒル