カフカ

カフカ

フランツ・カフカ/Franz Kafka】 チェコプラハ生まれ(当時はオーストリア=ハンガリー国領) 1883/07/03-1924/06/03


両親ともドイツユダヤ人プラハ大学で法学を専攻。在学中に小説の習作を始める。卒業後は労働者傷害保険協会に勤めながら執筆にはげむ。若くして結核にかかり、41歳で死去。『変身』などわずかな作品をのぞき、そのほとんどは発表されることなくノートに残された。死後、友人マックス・ブロートの手により世に出され、ジョイスプルーストとならび現代世界文学の最も重要な作家となっている。

変身,掟の前で 他2編 (光文社古典新訳文庫 Aカ 1-1) 変身 新装版 カフカの世界―戯曲集 変身 - The Metamorphosis【講談社英語文庫】 ノート〈1〉万里の長城 (白水uブックス―カフカ・コレクション) ノート〈2〉掟の問題―カフカ・コレクション (白水uブックス) カフカとキルケゴール -新装版- 断食芸人―カフカ・コレクション (白水uブックス) 流刑地にて―カフカ・コレクション (白水uブックス) カフカの友と20の物語 城―カフカ・コレクション (白水uブックス) 審判―カフカ・コレクション (白水uブックス) カフカ内なる法廷―『審判』論 失踪者―カフカ・コレクション (白水uブックス) 変身―カフカ・コレクション (白水uブックス) カフカの迷宮へ―小品を読む 『変身』ホロコースト予見小説 魂の城 カフカ解読 カフカ『断食芸人』“わたし”のこと (理想の教室) カフカ=シンポジウム 世界戦争の予告 小説家カフカ 空気のような世界、空気としての構造―カフカより孤独に 近代の終焉におけるフランツ・カフカと表現主義者たち 合わせ鏡の世界―カフカにおけるメタフィクションの構造 変身 他一篇 (岩波文庫) となりのカフカ (光文社新書) カフカの生涯 眠りと文学―プルースト、カフカ、谷崎は何を描いたか (中公新書) カフカを読む  池内紀の仕事第3巻 カフカの男根 カフカの書き方 「抗暴の書」ヨブ記随想―現代作家カフカとの対話より カフカ彷徨 21世紀のカフカ 1 開いた形式としてのカフカ文学―『判決』と『変身』を中心に 病者カフカ―最後の日々の記録 カフカ事典 掟の問題ほか (カフカ小説全集) 新しいカフカ―「編集」が変えるテクスト ドイツ文学散策―ゲーテ『親和力』論、カフカ論、その他 万里の長城ほか (カフカ小説全集) 変身ほか (カフカ小説全集) 城 (カフカ小説全集) カフカ 罪と罰 ユリイカ―詩と批評 (第33巻第3号) 審判 (カフカ小説全集) 作家と無意識 失踪者 (カフカ小説全集) ちいさなカフカ 変身・判決・断食芸人 ほか二編 回想のなかのカフカ―三十七人の証言 カフカと二十世紀ドイツ文学 フランツ・カフカの生涯 カフカのように孤独に (平凡社ライブラリー (265)) カフカ、映画に行く 夢 (書物の王国) カフカの恋人たち カフカ寓話集 (岩波文庫) カフカのかなたへ (講談社学術文庫) カフカ 二十一世紀のカフカ―深層と別世界 自己意識とイロニー―マン、カフカ、正負のアイデンティティー カフカ―身体のトポス 実存と人生 夢・アフォリズム・詩 (平凡社ライブラリー (149)) カフカの父親 (文学の冒険シリーズ) カフカとカバラ カフカ解読 内的転向論―カフカへの旅 カフカとの対話 ドイツ名作が面白い―ゲーテから、カフカまで カフカの恋人 ミレナ (平凡社ライブラリー) カフカ最後の手紙 カフカ家の人々―一族の生活とカフカの作品 カフカとユダヤ性 起源と根源―カフカ・ベンヤミン・ハイデガー カフカと情報化社会 カフカ・エッセイ―カフカをめぐる七つの試み 日本から見たもう一人のカフカ カフカ傑作短篇集 変身 カフカ短篇集 (岩波文庫) カフカ論―「掟の門前」をめぐって カフカと現代日本文学 カフカとその文学―非連続の世界 カフカ―マイナー文学のために カフカの審判 アメリカ 城 (新潮文庫) もう一つの審判―カフカの「フェリーツェへの手紙」 審判 (岩波文庫) 審判 変身 (新潮文庫)

* はてなダイアリーキーワード:カフカ