アルバート=ラズロ・バラバシ

アルバート=ラズロ・バラバシ

[Albert-Laszló Barabási] ルーマニア、トランシルバニア生まれ 1967-


ハンガリーで教育を受ける。米ボストン大学で物理学博士号取得。現在は米ノートルダム大学物理学教授。インターネットから細胞内化学反応まで、複雑なネットワークに共通して見られるつながりの構造発見で注目を浴びる。専門分野を越えて期待を集める気鋭の若手研究者。この分野の研究者として実績があるのみならず、サイエンス・ライターをやっていたというだけあって、親しみやすい文章が魅力。ネットワーク理論を豊富なエピソードを交えながら、わかりやすくまとめている。


マーク・ブキャナン

新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く