アゴタ・クリストフ

アゴタ・クリストフ

[Agota Kristof] ハンガリー生まれ 1935/10/30-


1956年ハンガリー動乱の折、乳飲み子を抱いて夫と共に祖国を脱出、難民としてスイスに亡命する。スイスのヌーシャテル州(フランス語圏)に定住し、時計工場で働きながらフランス語を習得する。みずから持ち込んだ原稿がパリの大手出版社スイユで歓迎され、1986年『悪童日記』でデビュー。

どちらでもいい 第三の嘘 昨日 文盲 アゴタ・クリストフ自伝 ふたりの証拠 悪童日記 (ハヤカワepi文庫) 昨日 (Hayakawa novels) 伝染病―アゴタ・クリストフ戯曲集 怪物―アゴタ・クリストフ戯曲集 第三の嘘 ふたりの証拠 悪童日記 (Hayakawa Novels)

* はてなダイアリーキーワード:アゴタ・クリストフ